パソコンで音楽を聴く場合はどのようなものを取りそろえればいい?


大抵のパソコンにはヘッドホンとスピーカー端子がある

パソコンで音楽を聴こうとする場合、どういったものを揃えればいいのでしょうか。まず、デスクトップパソコンでもノートパソコンでも、一般的なパソコンであればなにかしらのオーディオ出力端子が存在しています。特にヘッドホン端子とスピーカー端子は標準でついている可能性が高いので、ヘッドホンかイヤホン、あるいは外部スピーカーを持っていれば出力については特に用意すべきものはないでしょう。ただ、パソコンのスピーカー端子はアナログなので、かなりノイズが乗りやすくなっています。パソコン自体、アナログ信号にノイズを乗せやすい作りになっているので、クリアな音で聴きたいという場合はUSB接続の外部スピーカーを購入した方がいいでしょう。USBはデジタル接続なのでノイズはほとんど発生しません。

特殊な形式の音楽ファイルを聴きたいならコーデックを

音楽ファイルの再生については、標準的な形式のものであればインストールしなければならないものはありません。CDドライブに市販の音楽CDを入れれば、自動でOS標準のプレイヤーが起動し、音楽が聴けるようになっています。ただ、聴きたい音楽ファイルが特殊な形式のものである場合、コーデックと呼ばれるものをパソコンにインストールしなければなりません。コーデックは非常に種類が多く、また初心者にとって音楽ファイルがどのコーデックを使えば聴けるのかわかりづらいところがあるので、コーデック内蔵のプレイヤーソフトをインストールするのが手っ取り早いといえるでしょう。

オーディオの買取は、年式だけでなく型番やメーカーによっても大きく価格帯が異なってきます。多少古くても人気の型番は、高く買取してもらえる可能性が高いです。