貸切バスの利用方法は?安く費用を抑えれる可能性も高い


貸切バスは、バス会社で手配をしてくれる

利用する人数によっても話は変わって来るかもしれませんが、マイクロバスや貸切バスを求められる場合は、バス会社で手配をしてもらうのもお勧めです。バス会社であれば、安全運転の教育を受けているプロの運転手を手配してくれるため、安心の付加価値もあります。

乗車定員は、大型バス60名前後まで、中型バスは30名前後まで、マイクロバスも30名前後です。中型バスとマイクロバスは乗車定員が変わらないため同じように見えますが、荷物の積載量に違いがあります。ゴルフやスキーなどで貸切バスを利用する場合は、荷物をたくさん載せることができる中型バス以上が望ましいでしょう。貸切バスの利用は、人を運ぶ目的以外に、物を運ぶ目的も考えれば、安く費用を抑えれるはずです。

貸切バスの料金設定の基本的考え方について

貸切バスの料金は、基本的に距離と拘束時間から算出されます。そのため、目的地に早く着いても遅く着いても変動する可能性があります。宿泊を兼ねての貸切バスにおいては、バス会社によっても料金設定が様々です。運転手の宿泊場所確保のための料金も含まれていたりするため、バス会社によって違いがあるのです。

バス会社にとっての損失は、バスを駐車場に寝かせておく事でしょう。貸切バスの料金は、需要に大きく影響を与える場合もあり、休日よりも需要の少ない平日の方が安く借りれる場合もあります。

バス会社の中には、サービス向上の目的として、様々なオプションを設けている場合があります。例えば、カラオケ付きのバスや、トイレ付きのバスなどです。付加価値における料金設定も様々であり、この点についても選び方の注目ポイントでしょう。

貸切バスとは、個人や団体で、まるごと借り上げたバスを指します。道路を利用する大人数での移動や、いろいろな場所を回る団体旅行などでよく用いられます。